やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » 代表的な種類【甲状腺の病気】 » 亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎は血液中の甲状腺ホルモンが多くなることが原因で起こります。こちらでは「亜急性甲状腺炎」の原因・症状・治療法などについて解説します。

急性の甲状腺の病気「亜急性甲状腺炎」

炎症のために甲状腺組織が壊れて、甲状腺内に貯まっていた甲状腺ホルモンが血液中に漏れでると、血液中の甲状腺ホルモンが多くなって、甲状腺が硬くはれて痛みを感じるなどの症状がでます。

亜急性甲状腺炎は自然に治りますが、強い症状の時は治療が必要です。

4~50歳代の女性に多いことが特徴で、子供にはほとんど発症しません。稀に再発することがあります。

亜急性甲状腺炎の原因・症状・治療法

ウイルスが原因であると言われていますが、そのウイルスが見つかっていないため、まだ原因不明となっています。

動悸、息切れなどの症状と甲状腺の痛みや発熱などの症状がでます。炎症を起こした甲状腺は、硬いしこりのようにはれますが、1~2か月で良くなります。発熱については、38℃程度の高温を引き起こすことがあるので注意してください。高熱の場合は他の病気も疑いがちですが、甲状腺にしこりを感じた場合は、この病気を疑ってください。

また、甲状腺が壊れているので、甲状腺機能が回復するまで一時的に甲状腺ホルモン量が低くなります。普通は正常ホルモン量に戻りますが、そのまま低い状態が続く時は、甲状腺ホルモン剤を長期間にわたって内服する必要があります。

血液中の甲状腺ホルモン量だけではバセドウ病との区別がつかないことがあるので、血液中の炎症反応やヨード摂取率の検査(甲状腺が壊れているとヨードがほとんど取り込まれない)、甲状腺超音波検査などの検査も必要です。

治療には、痛みが少なく症状が軽い場合は頭痛薬などの鎮痛剤、強い場合には副腎皮質ホルモン剤を内服します。ひどい動悸の時はβ遮断薬を内服することもあります。自然に治る病気なので、治療の目的は治るまでの不快な症状をとりのぞくことです。

コンテンツ一覧