やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » 代表的な種類【甲状腺の病気】 » 単純性甲状腺腫

単純性甲状腺腫

甲状腺が全体的に腫れているだけで治療を行う必要がないものがほとんどで、特に10代から30代の女性に多く見られる病気です。こちらでは「単純性甲状腺腫」の原因・症状・治療法などについて解説します。

甲状腺の病気「単純性甲状腺腫」

単純性甲状腺腫は甲状腺が全体的に腫れたり、比較的小さくて柔らかい甲状腺腫が見られるだけで、甲状腺の機能自体には影響はありません。

数年かけて徐々に腫れていくため、健康診断などで判明することが多く、痛みや圧迫感といった急性症状が出ることは少なく、違和感などの自覚症状もほとんどありません

また、若い女性に発症する人が多いことから「思春期性甲状腺腫」と呼ばれることもあります。

単純性甲状腺腫の原因・症状・治療法

甲状腺の病気かも…と感じたら

甲状腺の病気が疑わる場合は、必ず医師の診察を受けてください。甲状腺の不調にならないために心がけたい、日頃からのセルフケア方法も紹介します。

コンテンツ一覧