やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » 代表的な種類【甲状腺の病気】 » 甲状腺機能低下症(橋本病) » 橋本病って何!? 〜気になる症状、原因は?〜

橋本病って何!? 〜気になる症状、原因は?〜

橋本病とはどんな病気?

橋本病とは、慢性甲状腺炎とも呼ばれ甲状腺が慢性的に炎症している状態の病気です。
主に、20代後半以降に見られ30~40代に見られる病気です。特にこの病気に多いのが女性です。女性の割合が特に多く、男女比で表わすと1対20〜30とかなり大きいことがわかります。

どんな症状が起きる?

橋本病の症状はどのような症状が現れるのでしょうか。橋本病が起きる症状の段階を順番に紹介していきながら、詳しく解説をしてきましょう。

甲状腺の腫れ(初期症状)

健康診断などで、甲状腺種と指摘された場合は甲状腺の病気を疑いましょう。もちろん、一時的な炎症による腫れも考えられます。しかし、橋本病の症状として甲状腺が肥大化します。バセドウ病とも混同してしまうことがありますが、橋本病の場合は明らかに大きく肥大化していることが分かるので、その点も注視しておきましょう。比較的硬く表面がゴツゴツしているという特徴があります。

甲状腺の異常による身体への影響

甲状腺が正しく機能している場合は、甲状腺が肥大化しているだけであり問題はありません。しかし、橋本病の場合甲状腺機能の低下が考えられます。その結果次のような症状が体に現れます。

むくみ

起床時にむくみが生じている状態が、橋本病の人には見られます。むくみは、皮膚を指で押さえても元にもどるようなものが特徴です。全身にむくみは現れますがもっともわかりやすいのが顔や手です。起床時にはむくみが激しい状態ですが、昼頃に解消されます。ただし、むくみはお酒や睡眠不足でも現れる症状なので見分けがつきません。慢性的にむくみが続いているor原因がわからないむくみが現れるのであれば、橋本病の可能性があると疑いましょう。

皮膚の異常

甲状腺ホルモンが低下していると、新陳代謝が低下している状態になります。その結果代謝がうまく機能せず皮膚の代謝が悪い状態が続いている場合があります。その結果として冬の乾燥する時期でもないのに肌が乾燥している状態が続いているということが考えられます。

冷え性

代謝が悪くなるということは、乾燥肌だけではおさまりません。全身の熱の産性が低下しているので、結果として体内の温度が低下しています。その結果として冷え性になっている人もいます。冷え性は女性で慢性的に見られる症状なのでこの症状だけで橋本病ということを判断するのは危険ですが、症状の1つとして覚えておきましょう。

体重増加/便秘

橋本病の場合、体内の動きが低下するので胃腸の働きも低下します。その結果として食欲がなくなります。しかし、食欲がなくなりあまり食べていないのに体重が増加してしまうというケースがあります。これは、体外に出すべきものをしっかり出せていない状態が続いているのが原因で、便秘も考えられます。もし、食欲低下と便秘が続いているようであれば、橋本病かもしれません。

月経異常

女性の場合は、生理が正常に行われているかどのかもチェックしてください。甲状腺機能が低下している場合、月経異常が起こり、生理がくる周期が遅くなるという場合や、必要以上に出血している場合があります。このような状態が慢性的に続いている場合は甲状腺の機能低下/橋本病が考えられるので注意が必要です。

無気力

物事に対する意欲の低下も特徴です。甲状腺が正常に働いていないと、やる気が低下して何事にたいしても無気力という状態が続きます。

このように、橋本病の症状として様々な症状が考えられます。どれも甲状腺が低下した状態に引き起こされるものなので、これらの症状が起きている場合は1人で悩まず専門家に相談することをオススメします。

気をつけるべきこと

橋本病の症状で気をつけなければいけないのが、症状が多岐にわたるということです。
全て該当しなければ橋本病ということではありません。人によっては現れる症状もあればそうでない症状もあります。そのため、素人で橋本病なのかどうかを判断するのは難しいと言えます。もし、橋本病の疑いがあると感じたら専門医に一度相談することが賢明であると言えます。

橋本病の原因について

橋本病は、どのような原因で起こるのでしょうか。橋本病の原因として考えられるものをいくつかピックアップして紹介していきましょう。

自己免疫力の異常

もっとも注目しなければいけないのが、自己免疫力の異常です。自己免疫力が正常になっていれば、甲状腺を正常に保ち身体内の代謝を正常に保つことができます。しかし、自己免疫力が異常を起こしていると、甲状腺の機能は低下する一方です。これは、甲状腺の働きを邪魔する抗体が原因とされています。この抗体が体内に増え続けていくと甲状腺の働きが衰え、炎症につながります。そして、炎症が進行し甲状腺の働きが低下した結果として、橋本病につながります。

自己免疫の異常で注意すべき点

自己免疫力の異常=甲状腺の低下ではありますが、自己免疫力の異常=橋本病というわけではありません。甲状腺の病気は多岐にわたるので、甲状腺の低下から別の甲状腺の病気になる可能性があります。橋本病の場合は、甲状腺機能低下症の約10%とされているので、全員が当てはまるということではありません。しかし、原因の1つとして考えられるので、自己免疫力の低下について注視しておく必要があります。

橋本病に伴う病気

橋本病では、症状が紛らわしいバセドウ病や、甲状腺に痛みや発熱があらわれ甲状腺機能が急激に低下してしまう橋本病の急性増悪、悪性リンパ腫が発症することがあります。
特に、悪性リンパ腫は橋本病と大きく関係している病気と言われています。甲状腺が肥大化して橋本病と診断された場合は、次のような病気にも気をつけましょう。
そのためにも、専門医にしっかり検査してもらい治療方針を相談する必要があるので、病気としっかり向き合うことが大切です。

参考文献

コンテンツ一覧