やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » もしかしたら甲状腺の病気?症状からチェック » 落ち着きがないといわれる

落ち着きがないといわれる

「落ち着きがない」のは甲状腺の異常かもしれません。当てはまる病気についてまとめています。

落ち着きと甲状腺の病気との関係は?

常に動き回っていて、いつもどこかソワソワしているために「あの人は落ち着きがない」と周囲から言われる人がいます。生まれつきせっかちな性格なのだろう、と思われることもあるでしょうが、一概にそれだけとは言い切れません。

実は、病気によるものである可能性も高いのです。いつも落ち着かない人がかかっているかもしれない病気の一つに、バセドウ病があります

バセドウ病は甲状腺ホルモンを過剰に分泌するホルモンが原因と言われている病気で、歌手の綾香さんがかかった病気として、記憶されている方もいるかもしれません。

甲状腺ホルモンは本来、身体の新陳代謝を促す働きがあり、緊張したときや興奮したときに分泌されるもの。しかしバセドウ病ではこのホルモンが普段から頻繁に分泌され、精神症状としてイライラ感や落ち着かない、集中力低下、不眠という症状が表れるのです。

バセドウ病の症状はこれ以外にもたくさんありますが、この病気のみに表れると言えるものはないので、わかりにくい病気でもあります。

自分の行動や状態が病気によるものだと自覚していない人も、少なくありません。緊張している時と同じような症状が続くというだけで、緊張している時に起きるよくある現象ですから、それが異常であるということに気がつくのに少し時間がかかります。

他の病気の可能性は?

落ち着きがない病気としてはADHDが挙げられます。近年ほど検査の多様性がなかった時代に「落ち着きのない子」として認識され、育った人が実はADHDだった、という例は少なからずあるようです。


ここに挙げた特徴だけを見て「甲状腺に異常があるのかもしれない」「病気かもしれない」と安易な判断をすることは避けましょう。 病気かもしれないと簡単に自己判断するのは勿論、性格や生来のものだろうと安易に考えて放置しておくことも危険なのです。

やたら人から落ち着きがないことを指摘されると思ったら、一度きちんとした診断を受けることをおすすめします。

甲状腺の病気を疑ったら、早めに病院へ

これらの症状に思い当たるフシがあり、「ひょっとしたら甲状腺の病気かも…」とお思いなら、なるべく早めに病院で診察してもらいましょう。

日本には、甲状腺の病気の罹患者が500~700万人もいると言われており、20人に1人ほどの割合で甲状腺に何らかの異常を持っていることになります。つまり、決して珍しい病気ではなく、誰しもかかる可能性がある身近な病気なのです。

甲状腺の病気には「免疫力」と「代謝」で立ち向かう!

甲状腺の病気の予防・対策には、日常のセルフケアが重要です。まず心がけたいのは以下の3ポイントです。

ストレスについては、日頃からためない・発散させることが大事ですが、「免疫力」と「代謝」を自然に高めるのは中々難しいものです。

そこで注目したいのが『酵素』のパワーです。免疫力&代謝アップに役立つ働きと、おすすめの酵素の選び方を紹介しているので、参考にしてみてください。

【特集】甲状腺を守るためにキーワードは『酵素』

コンテンツ一覧