やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » 検査と一般的な治療法【甲状腺の病気】 » ペイト(P.E.I.T )

ペイト(P.E.I.T )

こちらでは、甲状腺の腫瘍(結節性甲状腺腫、のう胞など)や二次性(腎性)副甲状腺機能亢進症などの治療に行われるペイト(P.E.I.T )のしくみや方法、効果などについて解説します。

甲状腺の病気治療 ペイト(P.E.I.T)

P.E.I.T (Percutaneous Ethnol Injection Therapy)は、アルコールの一種であるエタノールを注入して、腫瘍を壊死させる治療方法です。エタノールにはたんぱく質を凝固させる性質があるので、それを利用してがん細胞を壊死させます。

肝臓腫瘍の治療法でしたが、最近は甲状腺腫瘍の治療にも使われています。比較的簡単に行えて危険性も少ない治療方法ですが、細胞が小さい初期のころにしか行えないのと、うまく浸透しなかった場合には繰り返し行う必要があります。そのため、一度で治療が終了する人もいれば、何回か継続して治療する人もいらっしゃいます。

コンテンツ一覧