女性に多い甲状腺の病気について調査しました 予防・改善法も教えます

やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気 » 検査と一般的な治療法【甲状腺の病気】 » ペイト(P.E.I.T )
甲状腺の病気には
どんな種類があるの?
甲状腺の病気
バセドウ病や橋本病など、甲状腺の代表的な病気について解説しています。
甲状腺の病気のカギを握る
活性酸素を除去する方法とは?
活性酸素を除去するには
甲状腺の病気の原因の1つ「活性酸素」除去に有効な方法を紹介しています。
甲状腺の病気も予防する
効果的な水素水を検索!
おすすめの水素水は?
甲状腺の病気の予防にもつながる
今大注目の水素水とは?

ペイト(P.E.I.T )

こちらでは、甲状腺の腫瘍(結節性甲状腺腫、のう胞など)や二次性(腎性)副甲状腺機能亢進症などの治療に行われるペイト(P.E.I.T )のしくみや方法、効果などについて解説します。

甲状腺の病気治療 ペイト(p.e.i.t)

P.E.I.T (Percutaneous Ethnol Injection Therapy)は、アルコールの一種であるエタノールを注入して、腫瘍を壊死させる治療方法です。腫瘍に直接注入して壊死させる作用と、血管に注射して腫瘍に送られる養分を抑える作用があります。

肝臓腫瘍の治療法でしたが、最近は甲状腺腫瘍(結節性甲状腺腫、のう胞)や二次性(腎性)副甲状腺機能亢進症などの治療にも使われています。

●治療方法

超音波(エコー)下穿刺吸引細胞診と同様、超音波による画像を見ながら病気の部位にエタノールを注入して細胞を破壊しますが、体にメスを入れることなく、入院する必要もなく、外来診療で治療を行うことができます。

エタノールが腫瘍の外にもれると、激しい痛みなど周囲の組織に影響を与える場合があるので、治療中は嚥下運動(つばを飲み込むこと)を止める必要があります。

●効果

手術療法に比べると効果の確実性は低いですが、手術しか治療法がなかった腫瘍でも、ペイトを何回か繰り返すことで、腫瘍の縮小化やホルモンの正常化が期待できます。

●副作用

エタノール注入による刺激で穿刺部位や同側の下顎、耳周囲が痛んだり、まれにエタノールが甲状腺のそばを通っている神経に浸みて、一次的にかすれ声になることがあります。

血流が多い腫瘍だと出血することもありますが、この症状はすぐに回復し全身におよぶような影響はありません。

治療後数日は治療部位の周辺が少し腫れることがありますが、部位を冷やすことによって改善します。