女性に多い甲状腺の病気について調査しました 予防・改善法も教えます

やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気 » 検査と一般的な治療法【甲状腺の病気】 » アイソトープ
甲状腺の病気には
どんな種類があるの?
甲状腺の病気
バセドウ病や橋本病など、甲状腺の代表的な病気について解説しています。
甲状腺の病気のカギを握る
活性酸素を除去する方法とは?
活性酸素を除去するには
甲状腺の病気の原因の1つ「活性酸素」除去に有効な方法を紹介しています。
甲状腺の病気も予防する
効果的な水素水を検索!
おすすめの水素水は?
甲状腺の病気の予防にもつながる
今大注目の水素水とは?

アイソトープ

アイソトープ治療は、バセドウ病の治療や甲状腺癌の遠隔転移治療に効果的です。こちらでは、バセドウ病や悪性腫瘍に行われるアイソトープ治療のしくみや治療方法、効果や副作用などについて解説します。

甲状腺の病気のアイソトープ治療

アイソトープ療法(放射線性ヨード内用療法)は、甲状腺細胞がヨードを細胞内に取り込む性質を利用して、放射性ヨードの入ったカプセルを内服することによって、バセドウ病の治療や甲状腺癌の遠隔転移治療を行います。

バセドウ病のアイソトープ治療

バセドウ病の治療には内科的療法(抗甲状腺剤を内服)、外科的療法(手術)、アイソトープ療法(放射性ヨードを内服)の3つがあり、欧米のバセドウ病治療はアイソトープ療法が最も多いです。

日本では放射線という言葉のせいでためらう方も多いですが、アイソトープ療法は安全な療法です。外来で治療ができ、投与量が大量になる場合のみ、アイソトープ療法専用病室へ数日間入院が必要になります。

妊娠時、授乳期、1年以内に妊娠の予定がある場合は、この治療を行うことができません。

  • 効果

1回内服するだけで甲状腺は少しずつ小さくなり、半年後にはほぼ半数の方が内服不要になります。

残りの半数は甲状腺機能低下症になりますが、甲状腺ホルモン剤を内服すれば問題ありません。手術に比べ体への負担が軽く、再発が少ないのが特徴です。

甲状腺に取り込まれなかった放射性ヨードは、ほとんど体外に排出されます。

  • 副作用

半数の方が甲状腺機能低下症になり、甲状腺ホルモン剤の内服が必要になりますが、機能低下になる前に発見できますので症状がでることはほとんどありません。

また、一時的に抗甲状腺剤を止めると甲状腺機能亢進の症状がでることがあります。突眼症のある場合は悪化することがまれにあります。

甲状腺癌の遠隔転移のアイソトープ治療

甲状腺癌が肺や骨などに遠隔転移を起こした時に行うのが、ヨードによる放射線性ヨード内用療法(アイソトープ療法)です。

アイソトープ(131I)のカプセルを服用し、体の内部から放射線を当てる内照射をします。

治療にはアイソトープ使用の許可を得たアイソトープ病棟のある特別の施設が必要です。

  • 効果

内服したアイソトープ(131I)が肺、骨などの転移部位に取り込まれると、131Iがベータ線を出して、その組織を破壊します。

高齢者の癌より若年者の癌のほうが、アイソトープが取り込まれる可能性が高いです。

  • 副作用

アイソトープの副作用はほとんどありません。