やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » 知っておきたい、甲状腺の病気と妊娠の関係 » バセドウ病は妊娠しにくい?

バセドウ病は妊娠しにくい?

こちらでは、バセドウ病を発症している人は妊娠しにくいのかを解説しながら、不妊との関係についてまとめています。

バセドウ病だと妊娠しにくい?不妊との関係性

▼CONTENTS▼

妊娠・出産は女性にしかできないとても大切な出来事で、心身ともにさまざまな変化が訪れる時期でもあります。

女性に多い甲状腺の病気「バセドウ病」は、甲状腺ホルモンの量が過剰な状態になるため、月経不順や月経異常など生理周期が不規則になってしまうことが不妊の原因と考えられています

特に妊娠適齢期でもある20~30代の人に多く発症するため、結婚して子供が欲しいけどバセドウ病の治療をしていることで躊躇していたり、妊娠が判明してからバセドウ病になってしまった…という人など、実際に多くの女性を悩ませている病気のひとつとなっています。

そこで、バセドウ病でも妊娠や出産を行うことができるのか、女性が気になるバセドウ病と妊娠の関係について一緒にみていきましょう。

バセドウ病と妊娠

バセドウ病だから妊娠してはいけないと思っている人が多いようですが、甲状腺機能が正常であれば妊娠・出産をすることは可能です

ただし、治療をしないまま妊娠をしてしまうと、甲状腺ホルモンが多い状態なので流産や早産のリスクが一般の妊婦さんよりも高まります。特に、妊娠時は女性ホルモンの分泌が母体や胎児にとって重要になるため、ホルモンバランスが不安定な状態での妊娠は母子ともに危険です。

子供を望んでいて既にバセドウ病を発症している場合は、妊娠するまでに手術でバセドウ病を治療する方法もあります。

また、手術に抵抗がある場合は、投薬治療によってバセドウ病の症状をコントロールしていれば、無事に出産を迎えることができるので、バセドウ病の人で妊娠を考えている場合は、主治医と相談しながら計画的に行っていくことが大切です。

不妊治療とバセドウ病

バセドウ病は月経不順や排卵異常が起こりやすい状態になるため、妊娠しにくいと言われているだけで、バセドウ病=妊娠できないというわけではありません。

人工授精や体外授精での妊娠を考えている場合は、甲状腺ホルモンに異常があると、着床しにくかったり着床しても流産の可能性が高くなるため、甲状腺機能の異常はきちんと完治させておくことが大事です

出産後の症状の変化

産後はホルモンバランスが大きく乱れ、子供が生まれて精神的にも不安定な状態になります。

妊娠中はバセドウ病の症状が落ち着くため、稀に出産後にバセドウ病が寛解する人もいるようですが、多くの人は子育てによるストレスや寝不足、不安などで出産後に再び症状が出てきて、人によっては新たな環境で心身ともに疲れが出て悪化するケースもあるようです。

家族をはじめ主治医と連携しながら、心と体のケアを中心に再び治療を行っていきましょう。

妊娠とバセドウ病治療の注意点

バセドウ病の症状は内服薬によって、ほとんどの症状を緩和させて甲状腺機能を安定した状態にすることができます。

しかし、妊娠初期はつわりなどの症状や胎児の心臓や血管など身体の器官が形成される大事な時期なので、薬の服用には充分気を付けなければなりません。

症状によって治療に個人差があるので、妊娠したら必ず今後のバセドウ病治療をどのように進めていけばいいか、主治医の先生に確認しておきましょう。

妊娠したかを判断するために、きちんと基礎体温をつけて自分で妊娠の兆候を確認できるようにしておくことも大切です。

出産する病院の選び方

甲状腺機能が正常で、バセドウ病の症状が妊娠後期になり安定してきていれば、産婦人科での出産で特別な制限などはありません。

バセドウ病の人は、妊娠後期になると母体血中の抗TSH受容体抗体を測定し、新生児甲状腺機能亢進症の有無を確認します。検査の結果、甲状腺を刺激しているTRAbとTSAb抗体の数値が高い場合は、胎児の甲状腺機能にも影響を及ぼす可能性があるので、出産後に産科と新生児科などで管理を行っていくケースもあります。

そのため、出産する産院を選ぶ際には、 小児科や新生児科などが併設しているクリニックだと安心です

妊娠したい人必見!甲状腺機能をアップさせる酵素のパワー

安心して妊娠・出産を行うために、甲状腺機能を正常に安定させておくことが必要不可欠です。手術や内服薬での治療方法もありますが、まずは自分の体の根本を見直すためにも、体質改善していくことがバセドウ病の改善にも役立ちます。

そこで注目を集めているのが、生命活動を支えている「酵素」のパワーです。

酵素は、免疫力アップ・代謝の正常化で甲状腺の働きをサポートしてくれるので、甲状腺の病気の予防・改善の働きが期待できます。甲状腺の不調が不安な方は、ぜひ酵素の働きに注目してみてください。

コンテンツ一覧