やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » ヨード(ヨウ素)が甲状腺に与える影響とは?

ヨード(ヨウ素)が甲状腺に与える影響とは?

甲状腺ホルモンの主原料であるヨウ素は、別名ヨードとも呼ばれています。甲状腺にヨウ素が取り込まれることで甲状腺ホルモンを産生し、体内の細胞や代謝を活性化してくれます。

身体に必要なヨウ素は1日0.095〜0.15mgと言われており、不足しても過剰に摂取し過ぎても甲状腺ホルモンが作られなくなってしまうので注意が必要です。

ヨウ素不足や過剰摂取による甲状腺への影響

不足しているケース

過剰摂取のケース

甲状腺と密接な関係になるヨウ素ですが、実際にヨウ素制限が必要になった場合は、どのような対策が必要なのでしょうか?以下にヨウ素の基礎知識をまとめました。

そもそもヨードとは?

海藻類に多く含まれているミネラルで、生命活動を行う上で重要な働きを持つ栄養素です。身近なところで言うと、うがい薬の茶色い液体も実はヨード。海産物を摂取することが多い日本人は不足することがない栄養素です。

ヨードを含む食品について

甲状腺の病気と密接な関係があるヨードは、一体どのような食品に多く含まれているのかご存知ですか。主に含有している食品について把握し、甲状腺を守るために日常の食生活の中でも心がけていきましょう。

ヨード制限の食事レシピを紹介

最近では甲状腺の病気が注目され、ヨード制限している人向けのレシピもとても充実しています。
主食からおやつに至るまで、さまざまなレシピをチェックして毎日の献立や家庭での食事レパートリーを増やして欲しいと思います。

コンテンツ一覧