やさしく解説!よくわかる甲状腺の病気
よくわかる甲状腺の病気 » 甲状腺を守るために キーワードは【酵素】 » 代謝の正常化

代謝の正常化

自己免疫が関係している甲状腺の疾患は、体の代謝機能が正常に働いているかがポイントになります。こちらでは、甲状腺の病気予防や改善策として有効な方法について解説しています。

代謝アップが甲状腺の病気を防ぐ!

甲状腺の病気は、全身の代謝をコントロールしている甲状腺ホルモンのバランスが乱れることにより、甲状腺の病気を引き起こす根源となっています。

疾患によって発症するメカニズムはさまざまですが、基本的には甲状腺の病気には自己免疫力が影響しています。

甲状腺ホルモンは、全身の代謝をコントロールするホルモンなので、外からのウィルスや細菌などの攻撃から甲状腺機能を守るためには、全身の代謝が正常に機能するようにしておかなければなりません。

全身の代謝を促すことで、血液循環もスムーズになるため甲状腺ホルモンも本来のバランスを保つことができます。

代謝と酵素の関係

酵素はたんぱく質の一種で、生命活動はもちろん、私たちの体の中で食物の消化や分解をサポートしたり、呼吸や運動、自然治癒力などにも酵素が関与しており、とても重要な働きをしています。
これらを代謝と呼んでおり、酵素は生きていくために最低限必要な基礎代謝に必要不可欠な栄養素となっています。

年齢と共に基礎代謝は低下していくため、健康を維持していくためには酵素を意識的に摂取していくことが大切です。代謝力を高めることで、体の新陳代謝も活発になるので体内の機能も正常に働いてくれます。

血液サラサラの決め手は酵素!

酵素には体の健康を維持し、血流や血糖値を整えてくれる働きもあります。

しかし、20歳を境にどんどん体内にある酵素の量は減少していくため、日常的に食品などから補っていかないと、免疫力や代謝の低下といった体の健康を維持する力が失われて、体調不良や病気を発症するリスクなどさまざまな不調の原因となってしまうわけです。

熱処理をしていない『生きた酵素』を摂るべき

健康的な毎日を過ごすため注目されている酵素ですが、日常の食生活で補っていくのは大変です。
近年さまざまな酵素サプリが開発され、その中でも生きた酵素パワーで優れた活性力のある『毒だし酵素』が注目を集めています。

通常の酵素と違って熱処理をしていないため、より質の高い酵素を摂取することが可能。甲状腺による病気はもちろん、年齢を重ねていくことで生じる疾病や疾患の改善や予防をしてくれると思います。

コンテンツ一覧